1108

by keisya_kasher

/
1.
2.
03:21
3.
02:00
4.

about

4th EP of keisya_kasher.
Used Vocaloid[Vo.初音ミク(Hatsune Miku)]
Genre:Hip-hop,Future Garage...and alternaltive

credits

released November 7, 2014

All songs written & arranged : keisya_kasher

tags

license

all rights reserved

about

keisya_kasher Okinawa, Japan

contact / help

Contact keisya_kasher

Streaming and
Download help

Redeem code

Track Name: 1108(in okinawa)
[空疎で描いた未来図開いてばっかり言っては空を見よる
異を唱える事と反発する事とに差異見出せず溜息飲んだ夜
なるようにしかなんねえだろ、一種のつよがり放つ自由は手に余る]
煙くゆらすついで管巻いて煙たがられて苦笑う

夜繰り出して集まって乾杯するメンツはちょっとずつ減っていく
良い具合に紫外線浴びちゃってる顔に日頃の労苦を思わせる
「思えば若かったねー」みたいな年寄気取り思春期を手繰り寄せる
転がって研磨され 逆に人に閊えなくなってきてる

[いつか大きくなったらこの謎の不安は晴れてく? 土地柄、日差しのように]
[しょっちゅう週末酒かっくらって笑い飛ばす 親、叔父、祖父のように]
迷ってる時期はとうに過ぎてるはず けど今日も陽は落ちてく
チカチカ赤に変わった
んな凹んでばっかねえで今日、今の自分がどういるべきか
とりあえずメシでも食って明日また立ってればいい

[まだやれんだろ]
Track Name: 探針
行動範囲指す短めの針、待ち人示す長めの針
曲聴きながら眺める人波 ただ少しの暇を持て余す
3 分半に流れるせせらぎに耳傾けリズム指で刻む
そうこうして待ち人…というかそいつの持ってるピザ様来る
結果25 分待って空かした腹に収めて睡魔が来る
うーん、と一つ伸びでもしては何となく物思いに耽る
何となくで軽く耽ったつもりが思わずディープなトコに入って
何もしてねえのに勝手に落ち込む、また眉間のシワを刻む

椅子に凭れて 耳を澄まして 何処見るでもなく そのまま過去を見る
椅子に凭れて 耳を澄まして 何処見るでもなく そのまま今を見る

「走りだせ」「1 人じゃない」という類のポジぃ応援
届いて変わるような孤独感じゃないだろ
遅れようが歩くテンポでいたい
言おうとした事言われたかった事
変えようとした事変わらないところ
ひっくるめて睦まじく且つ等しくピースな愛のバイブスで頼むぜ
今という新しい過去により更新されてく新たなトラウマ
追いつかれないように、ってな風に追い抜くよに走る気を無くせ
白黒に変わりセピア色に移るまで見尽くせ見潰せ
結局全部と付き合うんだぜ
…で結局何言おうとしてたんだっけ

意味のない言霊の集まりにタグをつけ一緒くたに保存しとく
まるで時計の針にせっつかれるかのようにヒタヒタとハット刻む
最近見た何かのドラマやら時代劇チャンネルからのインプット吐き出す
リリック未満日記帳以上ってな具合のモノが出来上がる
今回はこんくらいで筆を置く 前回もこんくらいだった気もするが
あとはMix とかにぶん投げてテーゲーなトリートメントすりゃいい