supported by
/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

      ¥50,000 JPY  or more

     

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.

about

Full album of keisya_kasher.
Used Vocaloid[Vo.初音ミク(Hatsune Miku),猫村いろは(Nekomura Iroha)]
Genre:rock,pop,heavy rock,hip-hop...alternaltive

keisya-kasher.blogspot.jp

credits

released April 29, 2013

All songs written&arranged : keisya_kasher
Jacket illustration by RefindDium [http://wiffy.web.fc2.com/index.html]

tags

license

all rights reserved

about

keisya_kasher Okinawa, Japan

contact / help

Contact keisya_kasher

Streaming and
Download help

Redeem code

Track Name: イントロに添えて(Sketch for intro)
揺れる 朧月夜
光の帳
窓に差し込まれる
車の明かり
時間だけが ただ過ぎてく
泡粒みたく
揺れる 朧月夜
帳の隅に 窓に
差し込まれる
車の明かり
時間だけは ただ過ぎてく
こときれることなく

揺れる 朧月夜 部屋の灯り
瞼閉じず次の日まで また少し
Track Name: オールホープイズゴーン(all hope is gone)
崖から落ちる夢を見た バインのPVみたいな
まっさかさまに転がって
目蓋を開ける
割とビビりまくって 完全に目が覚めた
ここ3,4か月はずっとこんな調子で
見る傾向が解っていて また寝るのもアレだから
飛び起き着替え 車で夜の街へ

助手席イカれる夢を見た AliveってPVみたいな
おもっくそ吹っ飛んでって
また目を開いた
慣れとは怖いもので いつもの恐怖心は
それほど感じず ふと煙をくゆらす
夢の中なら いつも死人か
そう解ったらどこが悪夢だよ?
バカバカしくなってきたし
せっかくなのでまた 眠るか

大した物は無い部屋の中で
何となく窓を見る
雨音だけが頭に響いて
大降りに鳴る

知らずにいようとした 今の己の
見ずにいようとした 今の己の
亡くしたモノを曝され続ける
何してても
知ってたはずの 記憶の端を
握ってたはずの 温かな手を
また目の前に まだ
「…今でも?」

all hope is gone
passed away my sorrow
Track Name: サレンダー[9:1mixed](surrender)
曖昧な事忘れたいが為に トボトボと
気が滅入る度に振り返らぬよう トボトボと
喉元過ぎても収まらない故 トボトボと
足跡を探し遠ざかるように歩く トボトボトボ…

曖昧な事忘れたいが為に トボトボと
気が滅入る度に振り返らぬよう トボトボと
喉元過ぎても収まらない故 トボトボと
私を知っている人がいないトコを歩く

暮れてく 伸びる影 ビル風で頭揺らす
うつむく 花びらが ビル風で頭揺らす
群れれば 枯れてしまう 触れれば 枯れてしまう
せめて残すよ

フラフラ歩く 泳ぐように トボトボと トボトボと
フラフラ歩き 着いたトコ ココは何処 ドコだ此処
フラフラ歩く 逃げるように トボトボと トボトボと
フラフラ歩く 泳ぐよう 人混みに 紛れるように

暮れてく 伸びる影 ビル風で頭揺らす
うつむく 花びらが ビル風で頭揺らす
群れれば 枯れてしまう 触れれば 枯れてしまう
まだ食い下がる

暮れてく 伸びる影 ビル風で頭揺らす
うつむく 花びらが ビル影で涙流す
宵闇 灯りを見上げる 物思いは消える
夢から覚める

近づく 別れの日 寝れないという事もなく
扉を 閉め直す 大げさな音を立てる
知られる 過去も未来も 冷え燻んでいった今も
遠くにいても
暮れてく 伸びる影 ビル風で頭揺らす
うつむく 花びらが ビル風で頭揺らす
誰も踊らないなら 枯れるまで踊り頭揺らす
敢えて残すよ
「   」

いつも以上にいつも通り
まだ悲しみだけが身を擡ぐ
一度 一生 いつか 一瞬
また悲しみだけが身を擡ぐ
Track Name: 心像(image)
感傷 郷愁 憂い 胸中 物思い
和歌や唄や詩のような
モノクローム いつかの夜
噛み殺す 黙す

表情 濃淡 陰り 感情 燦々と
ドラマや映画のような
モノクローム いつもの夜
ないものねだり

丸くなんないとしんどいからね、って笑って居なせ
笑えりゃいい とことんまで 我に帰らずに
「優しいって事は、機嫌の良い事とは違うぜ」
って歌思い出して感傷ごと投げ捨ててけ
丸くなんないとしんどいぜ、って笑って居なせ
笑えりゃいい とことんまで 我に帰らずに
付いた嘘ちゃんと突き通せ 墓まで持ってけ
流れてくのは時間だけ

千々に砕かれて 直せず嵌らず
隙間に風が吹く
過ぎ行く時に角が取れて
隙間に風が吹く
モノクローム いつかの夜
身を擡げつつ 追い越せないまま
遣る瀬無さを連れて手を振れるように
とびきりのリスペクトを

越えて来る春を 迎え行く春を
他に出来る事が見つかるまで
竦む唇へ 震わす心で
今言える限りの


千々に砕かれて 直せず嵌らずに
隙間に風が吹く
ただ過ぎ行く時に角が取れて
隙間に風が吹く
モノクローム いつもの夜
身を擡げつつ 追い越せぬまま
またいつか また弾ける時まで
とびきりのリスペクトを
Track Name: コロコロ(corocoro)
営む自由
昼から寝る自由
拒絶されて見送る自由
突きつける自由
通し続ける自由
見つめ続けて微笑む自由
心の重荷を見つめ続け
突き詰めただ添うる自由
見破る自由
見破られる自由
添える自由
添えない自由

積もる雪を見てきた貴方を
少しだけでも知ろうとしたい
「想う」事で縮めようとしない
まず目線から 距離じゃない

笑って写っている貴方の
指差してる先は見えない
背負った記憶は持ち替えれない
そう「想う」今を重ねよう
...結局、想ってるね

ピック握る手 スティック握る手
ネック握る手 握ってたって
ほどいて都度日々に帰る為に
故郷のメロディを弾く

知ってる街から 知らない里へ
帰りたい貴方が帰れない郷へ
故郷のメロディで歌うよ
Track Name: 影送り(move my shade to...)
無邪気さにただ見とれてた
時が経つのを忘れてた
ふと気が付いて息を吐いた
遅れないように付いてった

端から端まで
秘めて溶けずに淀んでく鈍色
そこから手を振っても見えないよ

無邪気さに目を伏せ黙った
時が流れた、と言う気は無い
悟られぬよう息を整える
足音は聞こえなくなった
Track Name: 春雷 夏境 秋寂 雪晴(four seasons)
街を 歩く 人の 群れに
人に 見せぬ 笑みを見せ
始発 待ちの 宵の終わりを
知らす 笹の音

「あの人の雨が いつか 止むといいな」
「雨雲が 消えて 溶けて 沁みずに 消えたら」
「あの人の心残りが 消えていくなら 記憶から 少し ひとつずつ薄れていくのかな」

帰り照らす独り言は 足跡欹て消えて
去り際の問いかけを 解き解して遠のける
揺れて落として「さよなら」 集めた欠片が消えて
言い訳と問いかけも 消えてしまうのだとして

淡い記憶 星の影 都市と都市 星のため息 
流れ星 車の影 砂の雪 ため息
濡れた頬 月の影 都市と都市 節の成り行き
明日から 時計は回らないから
手を握る

励まし伸ばした 掌 それは 今は
耳を押さえて 涙拭い 頭を 抱えてる
あなたの消えない はずの 願い 思い出
記憶から 少し 少しずつ ひとつ ひとつずつ
薄れてしまったよ

春の空 春の雷 夏の海 夏の霧雨
秋の空 秋の夕暮れ 冬の海 白い孤独と

薄れていく記憶を嘆く自分への怒りを
思い馳せる事が減って 出来たゆとりを
人の思いはわからない 自分の気持ちも
だから人は肩寄せる
寄せ合えば歩めるはずだから
Track Name: 夜間飛行[9:1version](nightflight)
僕らが見ていた景色の 2歩後ろ側に君はいて
まだいつも通り見極めようとする
君が思ってるよりは、他人はもう少し優しいよ
残りの数十年のプロローグ

触れずにいて 忘れていて ただ通り過ぎていく日々景色を
何処に進んでても 何処で止まってても
見届けててくよ 僕は憶えてる

願いが一つ叶う星作って 星座になる時を思うよ
その間縫って駆けてゆく また戻ってくるまでに
これがラブソングと思われてもいい いつか声が届くから
秒速11.9で遠くまで

願いを言葉と軌跡で巡ってく
点と点を繋げていく 広がってく 葉脈みたいに
その木々に触れる事は出来ないと 思うほど
煌々とした星 明けぬ空色
今日は空が近く見えるよ

good morning...dear late bloomer
good morning...dear late bloomer,burst bloomer

願いが一つ叶う星作って 星座になる時を思うよ
その間縫って駆けてゆく
また戻ってくるために
照れずラブソングと思われてもいい いつか声は届くから
届く言葉を君は憶えてる

「触れずにいて 忘れていく?」 まだ後ろ側に君はいて
またいつも通り見極めようとする
「君になら 裏切られたとしても僕はもう構わないよ」
ふと気付いたその瞬間から
残りの数十年のプロローグ 紡ぐよ
Track Name: 風見鶏のエゴ(opportunist's ego~outro)
たゆたう賢しら大きな海 秘めて火を点けてから抑揚つける
聞こえないトコに向けて舵を取る 座礁厭わず
故郷から北北東へ針を指し プカリ プカリ 漂い 即座礁
唯一人燈火を見つめる
エスオーエス

「窓の外、ま、窓の外」って虹なんか見て諳んじながら
思い立って頭の中で 身振り手振りコピー試みる
「君はこう歌う?」ならばこう作る
「君はこう弾くな」ならばこう真似る
孤独と記憶、S/N
引き離さず くっつける

アンプで衝動アンプリファイ
EQでブーミーさ抑える
ウーファーで鳴られる鼓動を
エイジング無し
音をお届け

ここで今から もっと先まで
日の隙間から もっと先まで 音が止むまで

こだわりをただつぶやかず
その思いの丈で建ててみる
機会は独り胸の中で作る
何時何が起こるかわからない
残せるものは残す 終わるまで
聞かせられなくなっちゃう 何れまで
寂莫と記憶、S/N
止むまで届ける 届け お届け

百回「せーの」で 届くまで